pfとは《田町の音楽教室 Ladybird Music Lab》


ブログ / 火曜日, 2月 11th, 2020

 

こんにちは!
Ladybird Music Lab です。

写真は、先日開催された主催イベント会場
GRAPES KITASANDOのピアノです。

なんとこのピアノ、100歳を迎えたそうです!!
長い歴史のあるこのピアノ、
いったい何人の人が弾いたんだろうか…
と想像してしまいました。

 

現在のピアノの原型が作られたのは1700年頃、
つまり300年以上前だそうです。

鍵を押すと、鍵に連動したハンマーが
対応する弦を叩くことで音が出ます。

この鍵を押す強さで音の大きさが変わる仕組みです。

 

ピアノはかつて「ピアノフォルテ」と呼ばれていました。

小さな音から大きな音まで出せる楽器だったからです。

(チェンバロなどは音の強弱をあまり出せなかった)

 

ギターをGt.
ベースをBa.
ドラマをDr.と表記する時

ピアノはPf.と書くのですが、
これはピアノフォルテからきています!!


pf.の”f”はどこからきたの?と
疑問を持っていた方、
納得してもらえたのではないでしょうか?!

 


Ladybird Music Labは、随時体験レッスン受付中です。

是非こちらからご連絡下さい!
http://ladybirdmusiclab.com/contact/

One Reply to “pfとは《田町の音楽教室 Ladybird Music Lab》”

  1. 情報ありがとうございます!
    ピアノをpfと略すのも、由来も知りませんでした〜
    勉強になります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA